スノーボードとバスツアーの関係

これからスノーボードを始めようと考えている人も多いです。


初心者ですので右も左も分からない状態です。
色々とスノーボードについて下調べをしておくといざ本番になった時でも焦る事なく対応が可能になります。まずはゲレンデについてですが最初は日帰り出来るような近場を探します。
なぜかと言うと滑る時間にもよりますがとにかく疲れます。

遠くのゲレンデだと移動時間が長いので余計に疲れます。

基本も充実した東京発で富士山情報ならこちらをご利用ください。

そのような時は日帰りのバスツアーを利用すると悩みが解消されます。

行き帰りの道中はしっかりと体を休めて体力を温存しておきます。


慣れてきたら一泊二日のバスツアーなどを利用してスノーボードへ出かける事も出来ます。
当然料金がそれぞれで違いますのでバスツアーに参加する場合は事前に情報収集が必要です。

ナイターで楽しむツアーも沢山あります。
出発時間もさまざまですが夜に現地について滑ります。その場所によって異なりますが大体のゲレンデは昼間に比べて人が少ないです。

なので思いっきりジャンプ等の練習をする事が出来ます。

しかしナイターは滑走する雪が硬くなっている場合があるので注意が必要です。初心者は特に転んだりする事が多いので骨折等の怪我に気を付けて下さい。
当然滑走面が硬いとスピードが出るのでブレーキをかけながら滑る事が大切です。



日中の滑りを楽しむ場合の昼食の時間ですがお昼ど真ん中は避けた方が良いです。



なぜかと言うとやはり昼時は食堂も込み合いますので注文しても中々出てこないので時間をロスします。